塾と通常の家庭教師とオンライン家庭教師の違いと選び方は?


この記事では、塾、通常の家庭教師、オンライン家庭教師の違いと選び方について解説します。

塾や家庭教師は、子どもの学力アップや受験対策に役立つ学習サービスとして人気があります。しかし、それぞれのサービスにはメリットとデメリットがあるため、自分に合ったサービスを選ぶことが大切です。

この記事では、塾、通常の家庭教師、オンライン家庭教師のそれぞれの特徴やメリット・デメリットを詳しく解説します。また、サービスの選び方のポイントもご紹介します。

子どもの学力アップや受験対策を検討している方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

目次

塾、通常の家庭教師、オンライン家庭教師の特徴

家庭教師

塾、通常の家庭教師、オンライン家庭教師は、いずれも子どもの学力アップや受験対策に役立つ学習サービスです。しかし、それぞれのサービスには特徴やメリット・デメリットが異なるため、自分に合ったサービスを選ぶことが大切です。

塾の特徴

塾は、集団で勉強するスタイルの学習サービスです。同じ学年や学力レベルの子どもが集まって、同じ教材やカリキュラムで勉強します。

塾の特徴は、学校の授業サポートや定期テスト対策をメインに行なう「補習塾」と、入試対策に特化した「進学塾」などに分けられ、指導方法も集団型や個別指導型など様々です。

補習塾は学校の授業に合わせて指導を行い、内申点のために定期テストの点数を上げたい場合や、学習進度が遅れている場合に適しています。一方、進学塾は入試に合わせたカリキュラムで学校の授業よりも速いスピードで授業を進め、同じ目標・レベルの生徒が集まるため、モチベーションを保ちやすいのが特徴です。

また、学習塾の指導スタイルは大きく分けて「集団指導」「個別指導」「自立型」「映像授業」の4つがあり、それぞれの特徴やメリット・デメリットが存在します。

塾の費用

塾の費用は、一般的に補習塾では週1回から2回(月4回から8回)でおおむね8,000円程度から2万円となり、年間では10万円程度から20万円前後と考えられます。

学年や地域によって異なるため、詳細な料金については各塾に直接問い合わせることがおすすめです。

通常の家庭教師の特徴

通常の家庭教師は、マンツーマンで勉強するスタイルの学習サービスです。子どもの学力や理解度に合わせて、個別に指導を受けることができます。

通常の家庭教師の特徴は、完全な1対1の授業が受けられること、生徒の特性や性格に合わせた対応が可能であること、自分のペースで学習ができることなどが挙げられます。

また、家庭教師では定期的な保護者との面談があったり、希望によっては毎度授業後に報告をしてくれるところもあるため、生徒や保護者にとって安心感があります。

さらに、家庭教師は生徒の自主的な学習習慣がない場合や、自分のペースで自由な時間に学習したい場合に適しています。

一方で、家庭教師は集団で学習することによる切磋琢磨が得られないため、競争心や負けず嫌いを発揮できない場合には不向きです。

通常の家庭教師の費用

通常の家庭教師の料金相場は、個人契約の場合、大学生家庭教師が1時間あたり1,500円~2,500円程度、プロ家庭教師が1時間あたり2,000円~10,000円程度となっています。

また、家庭教師センターの講師の料金相場は、小学生の場合1時間あたり2,300円程度、中学生の場合1時間あたり2,600円程度、高校生の場合1時間あたり3,100円程度となっています。

個人契約の場合は、1時間あたり1,700円程度が相場とされています。

料金は地域や講師の経験・資格によって異なるため、詳細な料金については直接家庭教師に問い合わせることがおすすめです。

オンライン家庭教師の特徴

オンライン家庭教師は、インターネットを通じてオンラインで勉強するスタイルの学習サービスです。自宅にいながら、全国の講師から指導を受けることができます。

オンライン家庭教師の特徴は、指導時間を柔軟に設定できること、好きな場所でどこからでも指導を受けられること、より相性の良い教師に出会えることなどが挙げられます。

また、オンライン家庭教師は全国どの場所からでも指導が可能であり、インターネットを通じて自宅にいながら指導を受けることができます。これにより、生徒の部屋やリビング、自宅近くのカフェなど、最も集中しやすい環境で指導を受けることができます。

しかし、オンライン家庭教師では、通信機器によってはコミュニケーションに手間取ることや、ネット環境や機材の影響で指導が中断する恐れがあることなども考慮する必要があります。

オンライン家庭教師の費用

オンライン家庭教師の費用は、初期費用と月謝が一般的です。初期費用には入会費用や体験授業料、テキスト代金などが含まれます。

初期費用は0円から4万円程度であり、入会費用や体験授業料が一般的です。また、月謝の目安は1万円から4万円程度であり、オンライン家庭教師会社によって異なります。

初期費用や月謝には幅があり、サービス内容や会社によって異なるため、事前に詳細を確認することが重要です。

塾、通常の家庭教師、オンライン家庭教師、それぞれのメリット・デメリット

学習塾

塾のメリット・デメリット

塾は、学校の授業だけでは足りない学力を補いたい、同じ志望校を目指す生徒と切磋琢磨しながら勉強したい人に向いています。

メリット

  • 同じ学年や学力レベルの子どもと切磋琢磨しながら勉強できる
  • 教室に通うため、勉強の習慣を身につけやすい
  • 塾の講師は、学力や指導力が高い
  • 学習習慣が身につく
  • 受験に必要な情報が手に入りやすい
  • 学校よりも早いペースで学ぶことができる

デメリット

  • 集団授業のため、個別の質問やサポートを受けにくい
  • 通塾にかかる時間や費用がかかる
  • 部活やクラブ活動との両立が難しくなる
  • 夜遅くの帰宅になることもあり、安全面の心配が生じる

通常の家庭教師のメリット・デメリット

通常の家庭教師は、学校の授業や塾の授業でわからないところをすぐに質問したい、生徒一人ひとりの学力やレベルに合わせて指導を受けたい人、通塾の時間を省きたい人に向いています。

メリット

  • 個別指導のため、子どもの理解度やペースに合わせて勉強できる
  • 質問やサポートを受けやすい
  • 通塾にかかる時間や費用が塾よりも抑えられる
  • 完全な1対1の授業が受けられる
  • 生徒の特性や性格に合わせた対応が可能
  • 自分のペースで学習ができる
  • 何でも気軽に相談できる

デメリット

  • マンツーマン指導のため、費用が高額になる
  • 家庭教師の質や相性が合わない可能性がある
  • 競争力が養われにくい
  • 他の生徒との刺激がない
  • トラブルの可能性がある
  • 先生の質が担保されない場合がある
  • 費用がかかる

オンライン家庭教師のメリット・デメリット

オンライン家庭教師は、通塾の時間が取れない人、費用を抑えたい人、全国どこからでも受講したい人に向いています。

メリット

  • 導時間を柔軟に設定できる
  • 好きな場所で指導を受けられる
  • より相性の良い教師に出会える
  • 遠方の志望校に関する具体的な情報も得られる
  • 送り迎えの負担や自宅の掃除の負担が解消される

デメリット

  • オンラインでの授業に慣れる必要がある
  • 通信環境が安定していることが求められる
  • 通信機器によってはコミュニケーションに手間取る
  • ネット環境や機材の影響で指導が中断する恐れがある
  • 信頼関係が薄くなりがち
  • 講師が生徒の学習状況を把握しづらい

塾、通常の家庭教師、オンライン家庭教師のメリット・デメリットを比較すると、以下のようになります。

項目通常の家庭教師オンライン家庭教師
学習形式集団授業マンツーマン指導オンライン指導
メリット同じ学力レベルの子どもと切磋琢磨できる、勉強の習慣を身につけやすい、講師の質や指導力が高く、費用が抑えられる子どもの理解度やペースに合わせて勉強できる、質問やサポートを受けやすい、通塾にかかる時間や費用が抑えられる通塾にかかる時間や費用が抑えられる、講師の質や相性を選びやすい、自宅で勉強できるため、通塾の負担が少ない
デメリット個別の質問やサポートを受けにくい、通塾にかかる時間や費用がかかるマンツーマン指導のため、費用が高額になる、家庭教師の質や相性が合わない可能性があるオンラインでの授業に慣れる必要がある、通信環境が安定していることが求められる

子どもの学力や目的、予算などに合わせて、自分に合ったサービスを選ぶようにしましょう。

塾、通常の家庭教師、オンライン家庭教師の選び方のポイントは?

塾、通常の家庭教師、オンライン家庭教師のいずれを選ぶにしても、以下のポイントを押さえることが大切です。

1. 目的を明確にする

「成績を上げたい」「志望校に合格したい」「苦手科目を克服したい」など、自分の目的を明確にしましょう。目的が明確になれば、それに合った学習方法を選ぶことができます。

2. 学力や目標を把握する

自分の学力や目標を把握することも大切です。学力が低い場合は、基礎から学び直す必要があるかもしれません。志望校がある場合は、その学校の入試傾向を把握しておきましょう。

3. 費用を検討する

塾や家庭教師は、費用がかかります。予算内で選べるか、また、費用に見合った効果が期待できるかを考えましょう。

4. 評判や口コミを調べる

塾や家庭教師の評判や口コミを調べるのもおすすめです。実際に通っている生徒や保護者の声を参考にすることで、よりよい判断ができるでしょう。

5. 体験授業を受ける

実際に授業を受けてみて、自分に合っているかどうかを確かめることも大切です。塾や家庭教師の多くは、体験授業を実施しています。体験授業を受けることで、講師の教え方や雰囲気を実際に感じることができます。

これらのポイントを押さえて、自分に合った学習方法を選びましょう。

記事のまとめ:塾と通常の家庭教師とオンライン家庭教師の違いと選び方は?

塾、通常の家庭教師、オンライン家庭教師の違いと選び方

塾、通常の家庭教師、オンライン家庭教師は、いずれも学習をサポートするサービスですが、それぞれに異なる特徴があります。

は、生徒が集まって授業を受ける形式です。同じ目標を持つ生徒が集まっているので、モチベーションを維持しやすく、学校の授業だけではカバーできない内容を学ぶことができます。しかし、通塾の時間がかかる、費用がかかる、授業内容が自分に合わない可能性があるなどのデメリットもあります。

通常の家庭教師は、講師が自宅に訪問して指導する形式です。生徒一人ひとりの学力やレベルに合わせて指導を受けられるため、苦手科目の克服や志望校合格に効果的です。しかし、費用がかかる、教師との相性によっては効果が出にくい、教師の都合で授業がキャンセルされる可能性があるなどのデメリットもあります。

オンライン家庭教師は、インターネット上で授業を受ける形式です。通塾の時間が不要で、費用が塾や通常の家庭教師よりも安い傾向にあります。また、全国どこからでも受講できるため、通塾が難しい人や地方に住んでいる人にもおすすめです。しかし、生徒の集中力が途切れやすい、教師とのコミュニケーションが取りづらい、教室での授業よりも臨場感が少ないなどのデメリットもあります。

自分に合った学習方法を選ぶには

塾、通常の家庭教師、オンライン家庭教師のいずれが自分に向いているのかは、学力や目標、通塾の可否などの条件によって異なります。

学力が低い場合は、基礎から学び直せる塾や家庭教師がおすすめです。志望校がある場合は、その学校の入試傾向を把握して、それに合った学習方法を選びましょう。また、通塾の時間が取れない場合や、費用を抑えたい場合は、オンライン家庭教師がおすすめです。

ポイントを押さえて、自分に合った学習方法を選びましょう

塾や家庭教師は、費用がかかります。また、自分に合わない学習方法を選んでしまうと、効果が出ないだけでなく、モチベーションが下がってしまう可能性もあります。

そのため、以下のポイントを押さえて、自分に合った学習方法を選びましょう。

  • 目的を明確にする
  • 学力や目標を把握する
  • 費用を検討する
  • 評判や口コミを調べる
  • 体験授業を受ける

これらのポイントを押さえて、自分に合った学習方法を選び、学力アップや志望校合格を目指しましょう。


【関連記事】

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次